« 今日は最近 | トップページ | ぶるぶる »

2009年1月14日 (水)

ホームポジション

拙者が知っている幾種類かの楽器には、演奏するときに、手を置く基本位置のようなものがあります。第1ポジションとか、ホームポジションなどと呼ばれているようです。

パソコンのキーボードでタッチタイピングをするにもホームポジションがあります。それは、左手の人差し指が [F] に、右手の人差し指が [J] に来る位置です。この2つのキーにはポチッとした印があるので、キーボードを見なくても、どこにあるかわかります。たしかに、英語配列のキーボードは日本語とは何の関係もないので、もともと打ちやすいはずがありませんが、ホームポジションを意識することで、打鍵しやすくなるはずです。

しかし、日本語を書く場合は、普通のキーだけを使うわけではありません。漢字変換に欠かせない機能を担うキーも大切です。未変換の文字列を変換するためには、スペースキーを使うことが多いです。これはホームポジションで打ちやすい位置にあり、しかも大きめなので、便利です。親指で押しますよね。

大問題なのは、変換した文字列を確定させるキーです。これはたいがい、[Enter] になっていますが、拙者がキーボードを使ってきた限りでは、これをホームポジションで押すことはできません。今使っているモデルだと、右の小指を右に3キー分移動させる必要があります。バイオリンだと第4ポジションに相当しそうです。これは難しいですよ。さらに、キーボードによっては、この [Enter] が異様に小さくて打ちにくくなっています。

「確定」は頻繁に利用する機能ですが、このキーがホームポジションから遠かったり、小さすぎたりします。こんな困った事情が、数十年も改善されないって、どう考えてもおかしなことです。

実は、日本語変換ソフト、たとえば ATOK は、様々な機能を好きなキーに割り当てることが可能です。しかし、ホームポジションで打てる大きめのキーは、スペースキーしかありません。割当先が見つからないんです。あと一息で楽になるんですけどね。やっぱり、音声認識を導入して「良し!」で確定させようかな (*1)。

オチのない文章ですみません。

(*1) распознавание речи
-> установка распознавания речи

речь "言語活動、話し言葉" は軟音記号で終わる女性名詞です。こういう名詞は 主格から前置格に並べて覚えるより、次のようにさらっておくのが良いかもしれません。

主・対 речь, тетрадь
生・与・前 речи, тетради
造 речью, тетрадью

|

« 今日は最近 | トップページ | ぶるぶる »

デジタルもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は最近 | トップページ | ぶるぶる »