« 青く光るマウス | トップページ | なんでこんなところに »

2009年5月31日 (日)

いずれ…

村上春樹さんの「1Q84」を予約していました。土曜日に来ました。いずれ読みます。って、自分で買っておいて「読みます」なのは当然です。しかし、それだけではなくて「いずれ」なんです。拙者が村上さんの著作を読むためには、こまぎれの時間ではなくて、まとまった時間が必要です。今はこれを見つけられそうにありません。次に、必要なのはチカラです。分厚い単行本2巻を一気に制覇するので、そのあとは心地よい疲労におそわれて眠り続けるはずですが、今、これをやると仕事に支障が出ます。なので、いずれ、だけど近いうちに読みます。

この記事を書いているときに、すでに第1巻のレビューが15件もアマゾンにアップされています。混合人には59件も。あああ、わしも早く読みたい。

本に関する「いずれ」について書きます。

「いずれ」単行本の文庫化が出ると思いますが、そのときでも文庫本は買わないでしょう、やっぱり単行本です。値段が高くてもこっちを選ぶ理由は、読みやすいからです。拙者は半分年寄りなので、小さい活字は目にきついです。

そして、これについては希望があります。いずれ、日本にも携帯電話もどきではなくて、本格的な電子ブックリーダーが登場したら良いなと思います。合衆国にはすでにアマゾンの Kindle があります。これはフォントの大きさを変えられます。レビューで見る限りは、フォントを最大にしたらかなり大きく表示されるようです。文庫とか単行本とかの区別なく、拙者にもやさしい本になるでしょう。日本のメーカーさん、出版社さん、流通さんが、できるだけ早く「いずれ」出してくれると期待しています。

こういうのは、いろんな理由で本屋さんに足を運びにくくなったシニアさんたちにも便利だと思うんですよね。シニアにデジタルもんは難しいと思われているなら、おそらく大きな誤解です。拙者の超先輩で戦中生まれの方がいらっしゃいますが、いつの間にか、iTunes Music Storeで音楽を買っていますよ。ついでに書くと、音楽、本だけでなく、新聞だって同じです。新聞は現段階ですでにシニア向けのメディアになりつつあるようです。日本のこの世代は比較的お金をもっているそうなので、良いものにはお金を出していただこうじゃありませんか

新聞を無線LANで端末にダウンロードして(*1)、読みたい部分をガーッと拡大して読めれば、たぶん老眼鏡は要りません。手も汚れません。産経新聞が iPhone/iPod touch向けに無料でやっている、あれは本当に良くできています。ただ、これらの端末は小さすぎるので、やっぱりそこそこの大きさがある電子書籍リーダーが欲しいところです。

良いのが登場したら、拙者は両親用にも自分用にも買いますよ。意味のあるコンテンツなら、もちろん有料でOKです。拙者はまだ希望寿命のたった3分の1を過ぎたところなので「いずれ」を期待していますが、メディアによっては「いずれ」を待てない、文字通り待ったなしのところまで来ていると思います。「キタ ━━━ヽ(^_^)ノ ━━━!!」とか早く書いてみたいです。

(*1)скачать — скачивать

|

« 青く光るマウス | トップページ | なんでこんなところに »

デジタルもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青く光るマウス | トップページ | なんでこんなところに »