« 夕陽 | トップページ | 発泡酒で煮る »

2015年5月 5日 (火)

デパートのフロアでファッションショー(*1)があるというので、行ってきました。テーマは夏の装いということらしいです。女性のファッションです。拙者は何を見れば良いのでしょうか。よくわかりませんが、見ているうちに何か感じるところが出てくるかもしれません。

モデルさん、手足が長い、顔が美しいし、小さい。犬や猫が拙者とモデルさんを見比べれば、人類というひとくくりではなく、生物学的には別の種と認識するに違いありません。いや、そういう問題ではありません。ファッションショーですから、ファッションを見せていただければ良いのです。でも拙者は男性です。女性の服を見せてもらったところでどうすれば(… 略)。この点で考えがまとまらなくなってきたので、しつこいようですが、日を改めて、今度は水着と浴衣のショーを見ました。

目のやり場に困ります。モデルさんたちは拙者にはまぶしすぎます。と、向こうの方に初老のご夫婦がいます。おじさまはニヤニヤいえニコニコしています。しかし、奥様らしき人に促されて、すぐに去ってしまいました。きっと心残りだったに違いありません。

拙者は最後まで見たので心残りはありません。見学した結果、拙者がいくらがんばっても彼女たちのようにはなれない、つまり努力には方向性と限界があると、改めて感じた次第です。

(*1) показ мод

|

« 夕陽 | トップページ | 発泡酒で煮る »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕陽 | トップページ | 発泡酒で煮る »